浮気調査 代金

人探しをする弁護士は少ないです

人探しをする場合、警察に捜索願を出せない人を探し出したのであれば、探偵事務所に依頼することがオススメです。
中には弁護士に相談して人探しを行う場合もありますが、弁護士の仕事としては、あくまで依頼人の代理として申請を行うことですので、たとえ申請に必要な人探しであっても弁護士がドラマのように人探しを行うことが少ないケースです。
探偵というのはもともと、人探しなどを得意としている職業です。

 

あまり知られていませんが、探偵は探偵業法によって登録が義務付けられています。
個人情報を調べる仕事ですので、もちろん法律の中で活動することになるのですが、弁護士以上に探偵が行う調査は許可されている内容が多いので、まず探偵事務所や興信所を探すときは、探偵業法に基づいている会社かどうか確認を行うようにしましょう。

 

ちなみに人探しを行う探偵事務所では、調査結果に基づいて弁護士を必要とする場合に備え、弁護士事務所と提携している会社が殆どです。
逆に言えば弁護士に人探し調査を依頼した場合、弁護士が探偵事務所と提携をしていれば、そのまま探偵事務所を紹介される流れになることが殆どです。
最近の探偵事務所では、人探し以外にも様々な依頼について、事前にメールや電話で無料相談を受け付けている場合があるので、探偵事務所を探す時の参考にするといいでしょう。
探偵事務所に行く注意点としては、無料相談がない探偵事務所は優秀な探偵事務所ではないので、電話で無料相談はある一定の判断基準であると言えます。

朝日サイトの人探しサイト

日本最大の人探しサイトといえば、朝日サイトが有名です。
朝日サイトで人探しをするときは、カテゴライズされた内容に会う掲示板に書き込みをするだけなのですが、朝日サイトでは誹謗中傷や、捜索する相手を傷つけるようなことを一切禁止しているので、本気で人探しをする人にはオススメの掲示板でした。
写真も投稿することができるので、本人の名前だけではなく、視覚としての情報もあるので、身内の情報だけではなく、結婚詐欺にあった人等が詐欺師の情報を募ることもありました。

 

しかし現在この朝日サイトのアカウントは削除されているので、朝日サイトで人探しを行うことはできません。
多くの人が安全性を考えて利用していた面もあったので、多くの人から残念がる声が聞こえています。
人探しを無料でできるサイトは、ストーカーや様々な事情で隠れている人を見つけ出すことにも活用されてしまう危険性があるため、
掲示板として閉鎖に追い込まれることも少なくありません。

 

特に配偶者からのDVによって保護されている人を探しだしてしまう危険性もあるので、掲示板自体に閉鎖要請が届く場合もあります。
そのため人探しサイトを利用するときは、事前に自分の情報を登録してから掲示板を利用するサイトを増加しています。
現在人気がある人探しサイトは、思い出のページ探し人探しサイトです。
こちらは登録も閲覧も無料ですし、出会いの場所、エピソード、思い出の品等わかりやすく情報が書き込めるので、捜索しやすいサイトになっています。

Docomoのgps機能で人探し

NTTdocomoには、gpsを利用した人探しサービスがあります。
他の携帯電話会社の場合、公式サービスではなくて、任意サービスやアプリを利用した方法で人探しをすることになるのですが、docomoでは、ガラパゴス携帯でもスマートフォンでも活用できるサービスになっています。
docomoの公式サイトで確認することができるのですが、「イマドコサーチ」という名称で、子どもや大事な人の位置情報をgpsを利用して確認することができるのです。

 

イマドコサーチは公式サービスなので、月額料金が発生しますが、月々200円ですので、子どもの通学などに不安がある人はぜひ使用したいサービスです。
子どもの通学路という物は、誘惑がいっぱいですので、帰宅が遅い場合でもこちらのサービスを利用すれば、簡単に人探しができるようになるのです。
ちなみにキッズ携帯には基本装備になっている機能のため、電源がオフになったり、子どもがブザーを鳴らすなど危険な状態にある可能性が高い時は、すぐにメールで保護者のもとに知らせてくれるようになっています。

 

ちなみに探している人の携帯が、gps非対応の機種でも基地局を利用した検索が可能になっているので、アプリのようにどちらにも同じ性能機能を求めるわけではないため、もっとも利用しやすいサービスであることがわかります。
しかしイマドコサーチは、どちらの携帯も利用するための同意が必要になるので、イマドコサーチの契約をするときに携帯の設定を変更するようにしましょう。